Valheim|一度行った場所に瞬間移動可能なポータル(転送装置)の作り方

「Valheim(ヴァルヘイム)」の世界は非常に広大なため、徒歩や走りのみで攻略するのは非常に効率が悪い。
ここでは、その移動時間大幅に短縮可能なアイテム「ポータル」について解説します。

ポータルとは

単純に転送元のポータルから転送先のポータルに瞬間移動(テレポート)することのできる装置です。
移動元と移動先に設置してはじめて機能する装置なため、移動元に1個だけ作っても意味がありません
瞬間移動したい先に、もう1個作成し設定することで相互移動が可能になります。
(一度設置してしまうと、どちらも転送元・転送先と表現できてしまい
ややこしいため1個目を転送元、2個目を転送先として表現していきます)

ポータルに必要な素材

素材名 個数
灰色ドワーフの目 10
スルトリングの核 2
上質な木 20

以上3つと作成するための作業台が必要です。
(前述した通りポータルは2個で機能するため、正確には素材を2倍用意しなければなりません)
また、上質な木を作成するには青銅の斧などを使用して木(白樺、オーク)を切る必要があります。
※青銅の斧は炭焼き窯と溶鉱炉で作る金属から作ります。

ポータル作成方法

■転送元の作成方法
1.転送元にしたい場所へ移動
2.ハンマーを使用しポータルを作成(要 作業台)
ポータル作成
3.タグを設定(忘れないようメモすること推奨)
タグ設定
■転送先の作成方法
1.転送先にしたい場所へ移動
2.ハンマーを使用しポータルを作成(要 作業台)
3.タグを転送元と同じものに設定
以上で、タグの設定が間違っていなければポータルが機能する。
(燃えたように光って[接続済み]と出ていれば機能している)
移動可能
[未接続]の時はタグの設定が間違っている可能性がある。
[E]キーを押して再度タグを設定してみよう。

ポータル使用方法

ポータルをくぐれば転送先に瞬間移動(テレポート)できる。

ポータル注意点

3つ目のポータルを設置して1つ目2つ目と同じタグに設定しても機能しない
鉱石や金属の延べ棒は運べないので注意
持ち込めないもの

ポータルを節約する方法

ある程度ゲームを進めていくと自分が生活する拠点を作っていると思います。
そこに攻略先のポータルを設置していくと感じるのが、
この時、ひと手間必要であるが拠点のポータルは一つで運用ができる

例えば hokkaidokyushu という2つの攻略先があったとする、
hokkaidoを攻略するときには拠点のポータルを hokkaido にする
攻略が終了し、kyuushuの攻略に入る時に拠点のポータルを kyuushu にすれば
拠点のポータルは一つで運用可能となる。
portal節約方法

ただし注意点があります。

再接続にラグがあるのでタグ変更後

即飛び込むと事故が起こりやすいので注意してください

 

ツイッターよりご指摘いただきました♪

 

 

 

おすすめの記事